3式戦2型改17号機(シリアルナンバー「6117」)を3DCGで復元する。 
 
 概ね完成(2016.10.9)
 まだ満足出来ないため修正・追加を加えている。
 細 部(2015年当時)
3式戦2型(正面) 酸素系計器拡大図 計器板(正面)
3式戦2型(正面) 制作中 酸素系計器拡大図  計器板(正面) 制作中
3式戦2型(左側) 3式戦2型(右側)
3式戦2型(左側) 制作中 3式戦2型(右側) 制作中
判明事項
1 コックピット内部色は、従来の茶褐色ではなくクレー系塗料で塗られていた。
2 17号機の計器板は、1型の計器板とほぼ同じで右側の燃料計が電気式に、酸素発生剤流量計3型?が除かれている。
  その計器板には酸素吸入圧流量計の銘板のみあり、上部主縦通材の位置に2連の計器板を取付て酸素関連の計器を入れた。
  現存する3式戦1型の写真にも計器は失われているが2連の計器板が確認できる。1型の途中からこの配列になったいたことが判る。
3 スロットル部は5式戦と同じタイプが使われている。
4 2型改17号機は、3式戦1型と5式戦の要素が組み合わせっているため、3式戦から5式戦への過渡期と判断する。

今現在のコックピットの再現は、まだ途中段階で部品を大雑把に作り配置した程度の粗案です。
作業には、計器板・正面・左右の4ブロックに分けて進め、大雑把から詳細まで作り込み最終的に組み合わせる計画である。
更新は、逐次行う予定ですのでこちらの方もお楽しみにして下さい。 
3式戦2型17号機 更に詳細に
更に詳細に(2015.09.04) 
 
3式戦が使用した機関砲(上からMG151、ホ5、ホ103(同一縮尺))
首無し状態の3式戦2型改 飛行中の3式戦2型改17号機
2015.08.27現在制作中  2015.08.27現在制作中

戻る